2008年03月01日

バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組

バイオハザード.jpgテーマと目的と、それを果たすまでの主人公、アリスの「手段」が、前2作までの鬱憤を晴らすがごとく、全てが連携して、炸裂します。
 何気に、この3拍子が揃うっていうのは、なかなか無いものです。
 キャラクター至上主義とか、アクション偏重主義とか、そんなクソ食らえな理屈は、この作品には、今更ながら、通用しませんね。

 ゲームから派生し、良い意味で互いを尊重して刺激し合って、よくもまあ、ここまで作り込んだ、という痛快さというか、ある種の、爽快感すらあります。
 うっとおしいアンデッドの群れやら、新種やらが出てきて、爽快感って何‥‥‥とかいうのは、既に、バイオ・ハザードを、どの媒体からでもハマった方なら、もはや、言わずもがなのお話でしょう。

 映画館で見逃した方は、アリスの、超越したショータイム・バトルを、是非、御観賞いただきたい。
 
 初見の方には、前2作で、先ずは「心臓を温めていただいた上」で、今作を御覧いただくことをお薦めします。
 アリスの思考、情緒が、新たな能力の覚醒と共に意味づけられ、自らの宿命と決着をつけようとする、そんな物語です。
posted by tom at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87780233

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。