2006年11月04日

dvd:X-MEN:ファイナルディシジョン 特別編

X-ME.jpgX-MEN:ファイナルディシジョン 特別編

某所では出演者の一人が「X-men4,5」までのサインをしたとか言われてますが
次回作は、その人を除きキャスト一新になるのでしょうか。。 年齢的にもキツソウですし。。
顔がわかりづらくて次回からはキャストが変わってもわからない人も居ますし

そして、、【スタッフロールが終わっても見つづけないとダメです】
真のエンディングは、その後に描かれています。


全米映画史上に残る大ヒット!「X-MEN」シリーズ最終章 すべてが終わる時、究極の選択に委ねられた

<キャスト&スタッフ>
ウルヴァリン…ヒュー・ジャックマン (山路和弘)
ストーム…ハル・ベリー (本田貴子)
マグニートー…イアン・マッケラン (有川 博)
ジーン・グレイ…ファムケ・ヤンセン (日野由利加)
ローグ…アンナ・パキン (小島幸子)

監督:ブレット・ラトナー
製作総指揮:スタン・リー/ジョン・パレルモ /ケヴィン・フィージ
脚本:ザック・ペン /サイモン・キンバーグ

<ストーリー>
プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、"ミュータントは病だ"と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬"キュア"が開発される。"ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか"という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。マグニートー率いるブラザーフッドは、キュアの根絶を狙い、キュア開発のカギとなる少年ミュータント、リーチの強奪に動き出す。一方、X-MENは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走するのだが…。

<ポイント>
●2006年 全米興行成績 初登場第1位、5週連続TOP10入り 公開初日成績、最速1億ドル突破、オープニング3日間成績、において各歴代5位入り
●遂に最終章!ミュータントの超能力を消し人間に変える新薬"CURE"の登場で、X-MENのメンバーにも"究極の選択"が迫る・・・
●"X-MENメニュー"と"ブラザーフッド・メニュー"、あなたも"選択"できる、2つの特典メニュー
●6.1chDTS ES、究極サラウンド&
究極のVFX映像!
※限定品につき、数に限りがございますので、ご注文はお早めに。

<特典>
【Disc-1】
X-MEN メニュー
●ブレット・ラトナー(監督)、サイモン・キンバーグ(脚本)、ザック・ペン(脚本)による音声解説
●未公開シーン集 監督・脚本家による音声解説付き (13種)
●隠しコマンド(3種)

ブラザーフッド・メニュー
●アヴィ・アラド(製作)、ローレン・シュラー・ドナー(製作)、ラルフ・ウィンター(製作)による音声解説
●未公開シーン集 監督・脚本家による音声解説付き (12種)
●FOX最新情報

【Disc-2】
■ブレット・ラトナーの撮影日記
■「X-MEN」: 3作にわたる進化
■ビハインド・ザ・シーン集 (7種)
■ブログ映像集 (4種)
■ストーリーの本質
■キャラクター・ライブラリー
■ゴールデンゲート・ブリッジのシーンができるまで
■アニマティック映像集 (20種)
■スティル・ギャラリー (200 STILLS)
■予告編集
■隠しコマンド


下記の情報もどうぞ〜! 


★★★映画/音楽情報満載見てみる?★★★

トップへ戻る(新作映画・音楽大好き)

 
ラベル:DVD X-men 映画
posted by tom at 11:28| Comment(0) | TrackBack(2) | dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

X-MENファイナルディシジョン
Excerpt: 昨日で上映が終了ということで、あわてて観に行ってきました。昨日で終わった映画を紹
Weblog: 勝手にコピーライター宣言
Tracked: 2006-11-04 21:10

宝塚映画祭終了、そして、大阪アジアンへ
Excerpt: 11月3日で、約半年通いつめた宝塚映画祭とも お別れになりました。 ほんとうに、手作りの映画祭で、アットホームな 感じで良かったです。 かなりバタバタしましたが。 第8回は、企画から色々と参..
Weblog: Osaka-cinema-cafe
Tracked: 2006-11-06 02:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。