2006年07月09日

dvd:県庁の星 スペシャル・エディション

県庁の星 スペシャル・エディション出世コースまっしぐらの『県庁期待の星』野村 聡(織田 裕二)は、出世のことしか頭にない。その人間らしさのない野村が、あるスーパーに研修で配属され、民間企業の人間くささの中から大切なものを学び取っていくまでのプロセスを描いている。

私は、『あいさつ』の場面が見ものだと思う。これは、野村の心理を表している。あるシーンで、議会の議長(石坂 浩二)に出会った野村は、腰を90度曲げ、深々と頭を下げる。また、別のシーン、スーパーの朝礼時の声出しでは、「いらっしゃいませ」のセリフに合わせ、すべての従業員が、腰を折り深々と一礼する中、野村は首から上だけを下げる。

相手に合わせて態度を変える、損得勘定でしかものごとを測れない野村だが、これは、個人のことではない。現代社会で働いている私たちのことを指しているのではないか?!
自分の得になることであれば、何でもするが、特にならないことには見向きもしない。

その野村が、「お前は必要ない!」と言われたときに、「俺は今まで何をしてきたのか?!」と、自分自身に問いただす。存在価値が揺らいでしまう。
「あなたが必要なの!」と言われ、腰掛のつもりで入ったスーパーを立て直していく野村。
私は、この映画は奥が深いと感じた。

私は、この映画はすべての大人に観てほしいと思いました。素晴らしい映画でした。


織田裕二扮する野村はひたすらエリートの道を突っ走ってきた超エリート。一方、柴咲コウ扮する二宮はただのパート店員。恐らく学力最重視で人生を歩んできただろう野村にとって、二宮は当然自分より下の立場にあるべきで、自分の主張が最優先されるべき。そうやって傲慢にスーパーに殴りこんだものの、当然スーパーでは学力など意味がなく、失敗ばかり。そんな野村が挫折をきっかけに、自分よがりの視点を改め、二宮の意見にも耳を傾けて、そして自分が過去に積み上げてきた実力を発揮します。

 自分が間違ったと思ったら素直に謝る事、相手が正しいと思ったら素直に従う事。とても、難しい事です。特に、相手が自分より下にあると決め込んでいる場合。でも、人として生きるために、それが一番大切なのだ、と思わされました。

 警視庁から県庁へなんて言われて「踊るシリーズ」の一環として見てしまうとドラマチックさが欠けてしまうのは否めませんが、人間の心、大切な部分を教えてくれる映画だと思います。


野村聡は県庁のキャリア公務員。
二宮あきは三流スーパーのパート店員。
出会うはずのなかった2人が出会ったことから…。

テンポもよく、面白く観ることが出来ました。
まあ、かなり誇張されている点もあったと思われますが…。

「行政改革は制度や組織を変えることじゃない。そこに生きる人間たちの意識を変えることなのです。」
野村のセリフですが、結局まず自分の意識を変えることが改革の第一歩だということ。
それは、簡単なようで難しいことなのだが。
井川比佐志演じる店長がそのことを身をもって演じるシーンが印象深い。


野心家のキャリアが赴任先で人としての心を取り戻してゆく姿を描く
この手のストーリーが、なぜか個人的にそそられる私です。
浅野温子がドラマ「コーチ」で、また、赴任先ではないが真田広之が
ドラマ「こんな恋の話」で、そして「県庁の星」の織田裕二。

この映画のキーワードは「改革」。
主人公が手掛ける「行政改革」のプロジェクトを通して、人間として
の「意識改革」に問題定義している内容は、映画の所々に散りばめら
れたシーンに見事に表現されている。

同じ職場で働く中での本音と立て前、損得感情、呵責、志気、ジレン
マ、挫折等「踊る大捜査線」と同様にビジネスマンの共感を呼ぶ。

県庁の星 スペシャル・エディション
 
商品の説明

   昇進だけが生きがいで、すべてマニュアルどおりにしか行動しないエリート公務員が、熱血漢へと変貌する。この主人公は、織田裕二にとって新たなチャレンジになった。とくに、派遣先のスーパーで、やることなすことが鼻につく前半が好演。スーツをびしっと着こなし、プライドだけは高い嫌な男が意外なほどにハマっているのだ。彼の指導を任される、年下のパート店員役、柴咲コウの、強気だが、どこか心に暗さを抱えたヒロインも適役で、ふたりの丁々発止のやりとりには、観る者を十分に共感させる化学反応がある。
   県庁、スーパー、それぞれの裏事情も細かく描かれ、とくにスーパーの実情がおもしろい。残り物の総菜で弁当を作り、売れないフライは二度揚げするなど、さまざまなネタがドラマに自然に盛り込まれ、笑いを誘うのだ。一見、俳優の魅力やネタの楽しさばかりが目につくが、正攻法でツボを押さえた演出力があってこそのたまもの。「踊る大捜査線」シリーズなどの織田裕二主演作に“引いて”しまった人にも、これはオススメしたい。(斉藤博昭)

初回特典
スペシャル・アウターケース&ブックレット封入

※初回版がなくなりしだい通常版に切り替わります。ご注文はお早めに。 ※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回限定版をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

内容紹介
「ウェービーの"県庁の星"ナビゲーションDISC」付2枚組
【ナビゲーションDISC】織田裕二×西谷弘監督のDVD撮り下ろしインタビュー、DVDスペシャル・メイキング、設定資料・映像など、「県庁の星」をより深く楽しむためのコンテンツを収録。

内容(「Oricon」データベースより)
『踊る~』シリーズの織田裕二と『世界の中心で、愛をさけぶ』の柴咲コウ共演で贈る、奇跡の改革エンタテインメント・ムービー!順風満帆の人生を歩むキャリア公務員・野村聡。ある日、人事交流研修のために三流スーパー「満天堂」へと赴くが、店員たちはやる気がなく、さらに野村の教育係・二宮あきは年下のパート店員だった。さまざまな不幸や困難の中、二人は危機に瀕したスーパーの改革に乗り出す…。映像特典ディスク付き。

posted by tom at 15:32| Comment(0) | TrackBack(3) | dvd | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20509922

この記事へのトラックバック

「県庁の星」のDVD、10月に発売
Excerpt: 2月に公開された「県庁の星」のDVDが、10月27日に発売されることになりました。 種類は -スタンダード・エディション -スペシャル・エディション の2種類。 詳しくはNTT-X Stor..
Weblog: Mugen Diary
Tracked: 2006-07-09 23:28

県庁の星 スペシャル・エディション
Excerpt: 県庁の星 スペシャル・エディションが2006年10月27日発売! Amazon.co.jp(アマゾン)なら25%OFF+送料無料で激安! 県庁の星 スペシャル・エディション ○通常版 県庁の..
Weblog: 限定版コレクション
Tracked: 2006-07-18 22:06

DVD 「 県庁の星 」
Excerpt:            ☆県庁の星☆ さっそく借りてきました(●~▽~●)この映画なかなかいいです!! <ストーリー> 県庁のエリート職員の野村(織田祐二)は総予算20..
Weblog: お勧め映画&DVD情報
Tracked: 2006-10-15 01:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。