2006年03月19日

鋼の錬金術師 PREMIUM COLLECTION

鋼のプレミアムコレクション届きました!めっちゃ面白かったよ!
お値段十分ですよ!CD一枚分ちょっとだなんていいんですか?って感じです。もう大人買いできる年だもん。スタッフのそんな遊び心が好きです。やっぱり私と年代が近いと思います。なんかノリがなじむし…(笑)実写化?実写か?アルも想像通りでした。

UFJのアトラクションへはいけなかったので、出していただけて嬉しかったです。これだけでも出していただけただけでも十分なのに、おもしろ映像がついててこの値段!太っ腹ですね。エドのその後まで描いてくださって、それもあんなに上手に。終始泣きっぱなしでした。テレビ版は嫌いだったけど、劇場版とコレは好きです。

100歳エド…探しにいきたいです。畳だ!畳!日本だよね!もう泣きっぱなし!観られた方気がつきました?エドのオートメイルが小さかった事を。。そう!成長したから小さくみえたんです。ウィンリーの作ったオートメイルを今までずっと大事にしてたんですよ!
あれで十分です。あれ以上余計な何かを描かなかったボンズの力量と決断に感服です。丁寧に描いてくれて ありがとう!(ええもうよけない事はしないでくれ)

最後に、エドが2005年まで生きていた事を知った時、あの劇場版鋼の錬金術師は、エドワード・エルリック氏にささげた映画なのだと思いました。切ない…。
ラベル:鋼の錬金術師
posted by tom at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

ピンク・レディー・プラチナ・ボックス (初回限定生産)

ここ2,3年の間は,再結成に絡んで色々な企画商品が出て(そして,どれもが中途半端な内容)食傷気味のピンク・レディーでしたが,
私のような「A面ヒット曲集」のベストCDしか持っていなかった,コアではない一般のリスナーにも,十分な訴求力のあるアイテムです。

なんといっても,DVDの2枚がすごい。
まず1枚が(ちなみに私は昭和38年生まれの42歳)NHK総合「レッツゴーヤング」を中心とした懐かしいテレビ・オンエア映像集(197780年)
もう1枚が,昭和53年12月25日、26日の「武道館ライブ」です。

特に,「武道館ライブ」は全盛期の頃のライブで,このライブの1週間後には「第20回・日本レコード大賞」を受賞(受賞曲は"UFO")しています。


posted by tom at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。